記事詳細

女の子の匂い!? 男性に“バカ売れ” 女性ターゲットのハズが… ロート製薬「DEOCO」 (1/2ページ)

 若い女性のあの甘い匂いを放つというボディーソープや制汗剤が大ヒットしている。従来ターゲットにしていた30代半ば以上の女性はもちろん、ネットを中心にオジサンにまで爆発的な人気が広がり、開発元も驚きを隠さない。

 話題になっているのはロート製薬の「DEOCO(デオコ)」。

 ツイッターでは「巷で話題のデオコを買ってしまった。今日からアタイは女の子」「マジで女の子の香りがする。家には31歳のおっさんしかいないのに」など、男性とみられる投稿が相次いだ。

 ボディーソープと2種類のスティックタイプの制汗剤があり、都内のドラッグストアではボディーソープが1000円前後、スティックタイプが780円前後で売られている。

 20代後半の男性記者がスティックタイプを塗ってみると、ピーチのようなほんのり甘い香りで、若い女性から漂う香りといわれると納得がいく。腕に塗ると、数時間は香りが持続した。

 ロート製薬のサイトによると、甘い香りの秘密は「ラクトン」と呼ばれる成分で、体臭に含まれるラクトンの濃度は10代後半をピークに減っていくという。また、ラクトンの香りをつけることで、女性らしさや若々しい印象を向上させるとしている。

関連ニュース