記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】天安門事件30周年…中国共産党が葬り去りたい“黒歴史” 中国覇権の社会に「人権」は存在しない (1/2ページ)

 中華人民共和国(以下中国)の首都・北京で1989年6月4日に起きた「六四天安門事件」から、間もなく30周年だ。一党独裁の中国共産党が葬り去りたい「黒歴史」だからこそ、私は「歴史戦」の材料として後世に語り継ぎたい。

 民主化を目指して失脚した胡耀邦元総書記が89年4月に死去すると、彼を慕う学生らは各地で追悼集会を始めた。天安門広場には100万人規模が集結する。追悼集会はやがて、民主化を要求するデモ行進やハンストへと発展した。

 趙紫陽総書記(当時)は、ハンストで倒れた学生を病院まで慰問に行くなど、民主化支持派だった。だが、李鵬首相(同)は天安門広場の学生運動を、一党独裁を脅かす「動乱」とみなして戒厳令を発令した。最高権力者のトウ小平は、武力弾圧を決断した。

 6月4日未明、人民解放軍は学生らに無差別発砲を開始。軍用車両でひき殺すなど丸腰の市民を自国の軍隊が虐殺した。

 実は、人民解放軍は、全人口の7%未満に過ぎない中国共産党を守るための「共産党軍」である。「人民弾圧軍」と言われても仕方ない。

 中国政府は事件後、《6月4日の「反革命暴動」を弾圧した。北京では市民200人と治安部隊数十人が死亡した》と発表した。だが、2017年10月に機密解除された英国外交文書で、当時の駐中国英国大使は英国政府に「人民解放軍に殺害された犠牲者は1万人以上」と報告していた。

関連ニュース