記事詳細

ゴッホが「自殺に使った拳銃」競売に 最高730万円か

 オランダ出身の19世紀の画家ビンセント・バン・ゴッホ(1853~90年)が自殺に使ったとみられている拳銃をパリの競売会社ドゥルオが近く競売に掛ける。欧州メディアが17日報じた。同社は4万~6万ユーロ(約490万~730万円)の値が付くと予想している。

 同社などによると、拳銃はゴッホがパリ北方の村に滞在していた1890年7月27日、宿泊先の宿屋から借り、自らの胸を撃つのに使ったとみられている。死亡したのは2日後の29日。ほとんどの研究者は自殺とみているが近所の子供による誤射説もある。

 拳銃は1960年ごろ、現場付近で農民によって発見され、同じ宿屋を営んでいた親族に引き渡された。何十年も地中にあったといい、口径は医師が診断した際に記録した銃弾と一致しているという。(共同)