記事詳細

堀江貴文氏×ウシジマくん作者が語る「ヤクザと有名人」 (1/3ページ)

 お笑い芸人たちの反社会勢力への「闇営業」問題が世間を騒がせている。先日、15年にわたる長期連載に幕を下ろしたマンガ『闇金ウシジマくん』は、反社会勢力の舞台裏をリアルに描いた作品として人気を集めたが、作者の真鍋昌平氏はそうした情報をどのように収集してきたのか。同作の大ファンであるホリエモンこと堀江貴文氏が聞く。

 * * *

 堀江貴文(以下、堀江):普段から真鍋さんは、本当によくいろんな方を取材されていますよね。反社会的な人とかを取材することもあるじゃないですか? あれ、怖くないんですか?

 真鍋昌平(以下、真鍋):紹介者の方が偉い人だと、意外と大丈夫だったりするんですよ。立場が下の人からその人よりも立場が上の人を紹介されると、大変な思いをするんですが、組織の上の方にいる方から紹介してもらうと、みんな紹介者の方の顔を立てるので、丁寧に接してくれますよ。

 堀江:なるほどー! どうやってそんな目上の人を紹介してもらうんですか?

 真鍋:そういうジャンルに強いライターさんとか、ちょっとグレーな仕事をしている人に教えてもらいます。「おもしろい人を取材したい」というと、「こういう人がいますけど、会いますか?」と言われて、引き合わせてもらう感じですね。

 堀江:僕もそういう人たちに絡まれやすいタイプなんです。あと、僕の場合は、そういう人たちと一緒にいると、すぐに『週刊文春』とかに書かれちゃいますからね。「ホリエモン 黒い交際」とか「夜は黒い多動力」とかね(笑)。だからかたくなに、関係は作らないようにしているんですけど。

 真鍋:アハハ、どんな多動力ですか。

NEWSポストセブン

関連ニュース