記事詳細

習近平氏「遠大な計画を共に作成」訪朝前に異例の寄稿 トランプ氏に積極関与見せつけ (1/2ページ)

 【ソウル=桜井紀雄】中国の習近平国家主席が20、21日に北朝鮮を公式訪問するのを前に、朝鮮労働党機関紙、労働新聞は19日、朝鮮半島問題の対話による解決と、金正恩(キム・ジョンウン)党委員長の経済集中路線に支持を表明する習氏の寄稿を1面に掲載した。習氏は「地域の恒久的な安定実現のための遠大な計画を共に作成する用意がある」とし、地域の平和や発展のため、「積極的に寄与する」とも強調した。

 中国国家主席が訪朝に先立ち、北朝鮮メディアを通じて立場を明らかにするのは異例。米朝非核化交渉が膠着(こうちゃく)する中、「政治的解決」への関与を打ち出し、貿易摩擦問題を抱えるトランプ米政権を牽制(けんせい)する狙いとみられる。28、29日に大阪で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせたトランプ大統領との会談で、金氏の意向を伝える「仲介者」として存在感を示す意図もありそうだ。

 金氏にとっては最大の“後ろ盾”の支持を誇示して自らの路線を正当化し、2月の米朝首脳会談の物別れで生じた国内の不安を払拭する思惑がうかがえる。