記事詳細

“タピオカバブル”いつまで続く? 関連株も高値更新、連日行列も…影を落とす「ゴミ問題」「高カロリー」 (1/2ページ)

 台湾スイーツとして知られるタピオカのブームが過熱気味だ。「タピオカミルクティー」が若い女性に人気で、店舗は全国に広がっている。インスタント製品がネットで高値で転売され、「タピオカ関連株」も高値を更新するなどバブル状態だが、いつまで続くのか。

 東京都渋谷区の台湾ティーカフェ「ゴンチャ原宿表参道店」は、平日昼すぎの時間帯でも行列ができていた。人気メニューはやはり「パール(タピオカ)」をトッピングした「ブラックミルクティー」(Mサイズは税抜き490円)だという。

 仕事の合間に訪れたという女性会社員(24)は「お茶なので甘すぎず、タピオカの腹持ちもいいので小腹が空いた午後に買ったりします」と語る。「生クリームたっぷりのスイーツは抵抗感あるけど、タピオカミルクティーは週1回くらいなら気楽に楽しめる」と同僚の女性(24)も同調する。

 タピオカは、ブラジル原産のキャッサバという植物から抽出したデンプンを玉状に丸めて食用にしたもの。日本ではバブル末期の1990年代にも流行した。

 人気が再燃したのは2017年ごろとみられ、タピオカミルクティーを考案したとされるカフェの「春水堂(チュンスイタン)」は16年から17年にかけて全国に5店舗を展開する。

 前出のゴンチャは2006年に台湾で創業、15年に日本に進出し、19年6月14日現在で35店舗に増加。新たに2店舗のオープンも決まっている。

関連ニュース