記事詳細

関西テレビが謝罪「配慮欠いた」 討論バラエティーでの作家発言

 関西テレビは19日、5月放送の討論バラエティー番組内で、出演者の不適切な発言をそのまま放送し、「配慮を欠いていた」と謝罪した。

 番組は、5月18日の放送の「胸いっぱいサミット!」。日韓関係を議論中、韓国人の夫のいる作家、岩井志麻子さんが、進行役から「韓国人気質」を聞かれ、「手首切るブスという風に考えておけば、だいたい片付く」と発言。放送は事前収録だったが、差別的ともとれる内容をそのまま放送した。

 羽牟(はむ)正一新社長(20日就任)は「視聴者に申し訳ない。こういう放送によって傷付く人がいるという想像力が欠けていた」と謝罪したうえで、チェック態勢を見直すとともに、再発防止策の検討を進めるという。また、視聴者からの意見を紹介する近日放送の番組でも取り上げる。(産経新聞)