記事詳細

群馬女子中学生監禁 27歳担任の卑劣行動…「わいせつ目的でやった」

 許し難い卑劣な犯行だ。群馬県内に住む10代の女子中学生を車に監禁したとして、監禁容疑で同県警に逮捕された担任教員の内田慎也容疑者(27)が「わいせつ目的でやった」と供述していることが27日、分かった。逮捕時に車内にはスタンガンがあり、生徒は靴を履いていなかった。生徒をスタンガンで脅し、自宅の部屋から無理やり連れ去った疑いがあるとみて捜査している。

 県警は同日、わいせつ目的略取や監禁致傷などの容疑で内田容疑者を送検した。送検容疑は25日午後、女子生徒宅に侵入し、わいせつ目的で家から連れ出し、高崎市寺尾町の山林内に止めた車の中で生徒を監禁し、けがをさせた疑い。

 捜査員が山林内の道で車の後部座席に座る2人を発見し、窓ガラスを割って女子生徒を保護した。内田容疑者は包丁を所持しており、自らの腹部に突き立て軽傷を負った。女子生徒は命に別条はないものの、首に傷があり、両目が内出血しているという。

 内田容疑者は事件前日と当日、体調不良を理由に学校を休んでいた。事件のあった25日は期末試験で、女子生徒は午前11時ごろ授業を終え、帰宅していた。県警は計画的だった可能性もあるとみている。内田容疑者は2016年から勤務する専任講師で、数学を担当、硬式テニス部の顧問を務めていた。

関連ニュース