記事詳細

【令和日本と世界】米朝会談“サプライズ”提案はトランプ流ビジネス交渉術 金正恩氏に迷う余地与えず 韓国・文氏は“好都合な大統領” (1/2ページ)

★(1)

 大阪でのG20(20カ国・地域)首脳会合は、大成功のうちに終わった。ドイツとアルゼンチンでの前2回のG20が惨憺(さんたん)たる結果に終わり、世界主要国の亀裂を見せつけた後だけに、「対立から未来志向の協力」へ流れを変えられたのは、想定し得る範囲で最高の成果だった。

 米中の通商交渉再開も、ドナルド・トランプ米大統領が南北軍事境界線がある板門店(パンムンジョム)で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と歴史的な会談ができたのも、G20での良いムードがあればこそ実現したものだ。

 トランプ氏が、正恩氏との会談を突然に思いついたかどうかは不明だ。米紙ワシントン・ポスト(電子版)は6月23日、一部専門家の見方として「トランプ氏が訪韓時に、正恩氏との会談調整を試みようとしているのかもしれない」と報じている。

 ただ、ツイッターでの提案が、正恩氏にとってはサプライズだったのは間違いない。

 ベトナムの首都ハノイでの米朝首脳会談決裂以来、正恩氏は国内で苦境に陥っていた。それを救い出す必要があったが、通常の交渉をすると、北朝鮮はあれやこれや策を弄してくる。だからこそ、迷う余地のないかたちで提案することは、ビジネスマンならではの賢明な交渉術であった。

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領も、まったく知らされていなかったようである。何とか、トランプ氏の訪韓前に南北首脳会談を開いて、メッセンジャーをしたがったが、北朝鮮から「仲介役でもないのに、口を挟むな!」と罵られただけだった。

 しかし、文氏は米朝対話においては好都合な大統領だ。

関連ニュース