記事詳細

【参院選2019】自民党“逆風”で過半数割れ!? 社会保障費“激増”は国民の理解得られるか 21日投開票 (1/4ページ)

 「令和初の国政選挙」となる第25回参院選が4日、公示され、21日の投開票に向けて、17日間の選挙戦に突入した。国際情勢が激動するなか、安倍晋三首相(自民党総裁)の6年半の政権運営に、有権者はどんな審判を下すのか。枝野幸男代表の立憲民主党や、玉木雄一郎代表の国民民主党は有権者の期待を集められるのか。憲法改正に前向きな「改憲勢力」が、国会発議に必要な3分の2以上の議席を維持できるのか。選挙分析に定評のある選挙プランナー、松田馨氏に選挙戦序盤の情勢分析を依頼したところ、10月の消費税増税や、年金など社会保障への不安が、与党陣営には逆風となっている実態があらわになった。

 「九州を中心に記録的な大雨が続いている。警察消防、海上保安庁、自衛隊が万全の態勢を取っている。国民の皆さまは油断せず、早め早めに避難し、命を守るための行動をとってください。わが党は『政治の安定』を訴えていきたい」

 安倍首相は3日、日本記者クラブ主催の党首討論会冒頭、災害警戒への呼びかけに時間をとられ、党の主張は短くなってしまった。

 参院は3年ごとに半数が改選される。今回の選挙では、全体245議席のうち、改選124議席(選挙区74、比例代表50)を争う。安倍首相が「政治の安定」を維持するには、与党で非改選も合わせた全体の過半数(123議席)を確保する必要がある。

関連ニュース