記事詳細

【zak女の雄叫び】《zak女の雄叫び お題は「選ぶ」》G20翌日に突然…誰もを魅了した女性の急死 (1/2ページ)

 先週、朝刊を開いて自分の目を疑った。経団連初の女性役員として注目され、6月末に大阪で開かれた20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)で女性に関する政策提言を行う「W20」の共同代表を務めた吉田晴乃さん(55)の訃報が載っていたのだ。亡くなったのはG20閉幕翌日の6月30日、心不全だった。

 私が取材をしたのは今年3月の1度だけだ。だが、その前から雑誌や新聞に英通信大手の日本法人「BTジャパン」の女性CEOとして華やかに登場する彼女を見て、一度話を聞いてみたいと思っていた。2017年には米フォーチュン誌の『世界の偉大なリーダー50』にも日本人で唯一、選ばれている。大阪でW20の関連イベントに出演すると知り、すぐに取材を申し込んだのだった。

 イベントで、吉田さんは米国の人気歌手、レディー・ガガさんの「born this way(この道に生まれた)」を大音量で流して踊りながら登場。経団連初の女性役員として初めて会議に出席する前にもこの曲を聴いて自らを鼓舞したことや、内定していた大企業に病気で就職できず、外資系企業で働くしかなかったことなどをユーモラスに語った。

 数字で分かる明確な営業成績をあげ、ヘッドハンティングでキャリアアップしてきたという吉田さん。「数字はユニバーサルランゲージ(世界共通語)」「チームをまとめるのに必要なのは『売り上げ』という明確なゴール」…。国境や性別を超えて人々がつながるためには経済的な視点が不可欠であることを繰り返した。

 また、参加者の女性たちに「25歳以上の働く女性が作る新しい市場は、100兆円を超えるものすごい市場であるといわれている」「女性はよくお金を使うでしょ。お金を回すのはすごく大事なんです」「何も変える必要はない。そのままの自分の価値に気づいて」と呼びかけた。