記事詳細

あいちトリエンナーレ問題、展示中止は「緊急避難的措置」 大村知事が質問状に回答

 愛知県で開催中の国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展で、昭和天皇の写真をバーナーで焼いて灰を踏み付けるような映像作品などが展示され、開幕3日で展示中止になった問題をめぐり、企画展「表現の不自由展・その後」の実行委員会による公開質問状に対し、芸術祭の実行委員会会長の大村秀章知事が回答した。中止の決定について、テロの予告や脅迫とも受け取れる内容の電話が殺到したための「緊急避難的措置」などとした。

 抗議電話を想定し、県庁などでは録音機能付きの電話の設置や職員8人の増員など「通常の国際芸術祭で必要な対応以上の対策を講じた」と説明。ただ、「想像を上回る数の抗議電話によって対応できない状況を招く結果となってしまった」と釈明した。

 問題の企画展には、昭和天皇の映像作品以外にも、「慰安婦像」として知られる少女像や、英霊を貶めるような作品も並んでおり、開幕直後から「国や県、市の公的資金が入り、公的施設で行うイベントとしておかしい」などと批判が殺到した。

 大村知事や、芸術監督であるジャーナリストの津田大介氏の責任も指摘されている。

 名古屋市の河村たかし市長は「ぜひ、私と大村氏を国会に呼んでほしい。国民に疑念を持たれている点について、公開の場で徹底的に説明・議論したい」などと取材に応じている。

関連ニュース