記事詳細

「マツコをぶっ壊す」N国・立花代表が猛反撃! 番組で批判され激怒…「5時夢」襲撃も“直接対決”ならず (1/2ページ)

 猛暑をさらに熱くする戦いに発展するのか。参院選で初議席を得たNHKから国民を守る党(N国)の立花孝志代表(51)が、テレビ番組でN国を批判したタレントでコラムニストのマツコ・デラックス(46)に照準を定め、「マツコをぶっ壊す」と猛反撃を始めたのだ。

 立花氏は12日夕、100人を超える支援者や、警戒の警察官で騒然とする中、「5時に夢中!」を生放送中の東京・麹町のTOKYO MXに到着。ガラス張りのスタジオ前で猛抗議を始めた。

 事の発端は、マツコが先月29日、参院選の結果をめぐり、「5時夢」でN国党に関して「気持ち悪い人たち」「ふざけて(票を)入れている人も相当数いる」「宗教的」と発言。これに立花氏が激怒し、同局に突撃予告をしていた。

 この日、立花氏は同局前から抗議の様子を動画を生配信。放送が終了するまでの約1時間、「投票した有権者をばかにするな」「公共の電波で“気持ち悪い”は許されない」「権力の犬だ。ワンワンと鳴いてみろ」などとまくし立てた。配信は6万人超が視聴したとみられる。

関連ニュース