記事詳細

「反日」自家中毒の韓国…トランプ氏は「米韓同盟破棄」準備か 北ミサイル発射を黙認 識者「反日で燃え上がって地獄を見るのは韓国」 (1/3ページ)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領率いる韓国が、「反日」の自家中毒に陥っている。12日にいわゆる「ホワイト国」から日本を除外すると発表したのだ。14日に「慰安婦の日」、15日に日本の朝鮮半島統治からの解放記念日「光復節」を迎え、国民の「反日」感情は爆発しそうだ。文政権はさらに「日韓軍事情報包括保護協定」(GSOMIA)の破棄をチラつかせているが、ドナルド・トランプ米大統領は「裏切りの恫喝(どうかつ)」を許さない。北朝鮮の短距離弾道ミサイル発射を黙認する背景として、「在韓米軍撤退・米韓同盟破棄」の準備をしているとの見方がある。

 

 「国際的な輸出管理体制の基本原則から逸脱して制度を用いたり、不適切な事例が続いたりしている国とは緊密な協力が難しい」

 韓国の成允模(ソン・ユンモ)産業通商資源相は12日の記者会見で、日本を念頭にこう語った。安全保障上の輸出管理で優遇措置を取る国のグループから、日本を9月ごろに除外するという。

 日本が安全保障上の運用見直しとして、韓国を「グループA(『ホワイト国』から改称)」から除外したことへの対抗措置のようだが、日本には痛くもかゆくもない。逆に、韓国が世界貿易機関(WTO)のルール違反に問われかねない。

 韓国は今週、「反日」で盛り上がりそうだ。

 聯合ニュースによると、国定記念日となって2回目となる「慰安婦の日」の14日、韓国各地のほか、日本や英国、オーストラリア、ニュージーランドなど世界9カ国・地域の21都市で抗議集会を開催するという。

関連ニュース