記事詳細

安倍首相、地元・下関市長と会食 日韓の民間交流「やればいい」

 安倍晋三首相は13日夜、地元の山口県下関市で後援会関係者と会食した。同席した前田晋太郎市長が、姉妹都市の韓国・釜山市との民間同士の交流事業について説明すると、「民民のことだから、民民でやればいい」と述べ、交流を推奨した。出席者が明らかにした。

 いわゆる「元徴用工」の異常判決や、輸出管理厳格化で政府間の関係が冷え込んでいても、民間同士の交流は影響を受けるべきでないとの認識を示したとみられる。