記事詳細

【室谷克実 新・悪韓論】韓国また妄想「放射能五輪は危険」 日本の放射能レベルは韓国より低いのに大騒ぎ…世界に向け「東京五輪ボイコット」運動 (1/3ページ)

 韓国は14日、「慰安婦の日」を迎えた。文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓合意を無視するように2年前に公式記念日にしたもので、15日の「光復節」と合わせて、韓国中が「反日」一色に染まりそうだ。こうしたなか、韓国では新たな“対日嫌がらせ”として、2020年東京五輪・パラリンピックへの攻撃が展開されている。「東京の放射能レベルが高い」という主張だが、実は、ソウルの数値の方が高く、「滑稽」「愚劣」といった感想すら出てくる。ジャーナリストの室谷克実氏が注目連載「新悪韓論」で迫った。

 日本政府が、韓国を貿易上の優遇措置を適用する「グループA(『ホワイト国』から改称)」から除外したことに端を発した、韓国の「反日の高潮」は、文政権サイドが陰になり日なたになり扇ぎ続けている。このため、「慰安婦の日」と「光復節」が終わっても、「反日の平常水位」にはなかなか戻らないだろう。

 そうしたなか、限界が見えてきた不買運動に代わる“対日いやがらせ”のテーマとして浮上しているのが「放射能五輪は危険」キャンペーンだ。

 韓国人は「強度の放射能恐怖症」と言えよう。いや正確に言えば、韓国の放射能レベルがやや高くても問題にしないのに、日本の放射能レベルは韓国より低くても「危険だ」と大騒ぎする不思議な「放射能恐怖症」なのだ。

 日本にも一昔前、「ソ連の原爆はきれいだが、米国の原爆は汚い」と主張する人々がいた。どこか似ている気がする。

関連ニュース