記事詳細

あおり男・宮崎容疑者“粗暴歴”と51歳ガラケー女・喜本容疑者の“行状” (1/2ページ)

 常磐自動車道で起きたあおり運転殴打事件。傷害の疑いで茨城県警に指名手配されていた会社役員、宮崎文夫容疑者(43)は18日、自宅のある大阪市東住吉区内で警察官に囲まれ、暴れ回るなか逮捕された。被害者をガラケーで撮影、宮崎容疑者をマンションの自室にかくまったなどとして犯人蔵匿と犯人隠避容疑で逮捕された交際相手で同区の会社員、喜本(きもと)奈津子容疑者(51)のあきれた行状も浮かんできた。

 県警は19日、宮崎容疑者を取手署に移送した。「殴ったことは間違いない」と容疑を認め、被害者の車を停止させた後に「車をぶつけられたので殴った」と供述しているという。逮捕容疑は今月10日、常磐自動車道で被害者の車の進行を遮り、無理やり停車させた後に「殺すぞ」などと怒鳴りながら5回にわたって顔を殴打した疑い。

 宮崎容疑者は18日の逮捕時、大勢の警察官に取り囲まれて「逃げも隠れもしません」「ちょっと待ってください、こんなふうなことしないでください」と叫び、自らの意思で出頭すると訴えた。大きなサングラスにニット帽を深くかぶり、ガラケーを手に、その後も「(現場を管轄する)東住吉警察署は非常に苦い思い出があるので嫌なんです」などと抵抗した。

 宮崎容疑者に付き添うように身柄確保の現場にいた喜本容疑者は、帽子とサングラス、マスク姿でガラケーとスーツケースを手に「押さえつけないでください」「(宮崎容疑者と)手をつなぎたいんですけど」と標準語で警察の対応を批判。テレビカメラに「先にあおってきたのは向こうです」と主張した。

関連ニュース