記事詳細

「命を張って反対する!」カジノ誘致めぐり“ハマのドン”が横浜市長に憤慨! 「顔に泥を“塗らせた”人がいる」 (1/2ページ)

 「ハマのカジノ」誘致をめぐり、ルーレットが回り始めた。横浜市の林文子市長(73)がカジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を正式表明すると、23日には地元で「ドン」と呼ばれる藤木幸夫・横浜港運協会会長(89)が改めて反対を表明した。

 「私は昨日、林さんに大きく顔に泥を塗られました」。IRについて「白紙」としていた林市長が、山下ふ頭への誘致を表明したことに、藤木氏は23日の記者会見でこう憤った。「私のやることは山下ふ頭をバクチ街にしないことだ」とも強調した。

 藤木氏は港湾事業を営む藤木企業の会長を務めるほか、横浜エフエム放送の社長や市体育協会名誉会長を務めるなど「ハマのドン」として知られている。

 カジノはギャンブル依存症の懸念が強いと話す藤木氏。林市長が「厳しい財政状況が見込まれる中、飛躍するにはIRが必要」と税収に期待を示していることについても、F1やクルーズ船の誘致など港運協会が提案する「ハーバーリゾート構想」の経済効果で十分補うことが可能だと説明した。

 一方で藤木氏は、林市長について「泥を“塗らせた”人がいるということは分かっている」とも。報道陣から、地元選出でIRに積極的とされる菅義偉官房長官の名前が挙がると、藤木氏は「それはあなたの自由。そちらのご判断」と答えつつ、「菅さんは安倍さんの腰巾着、安倍さんはアメリカの腰巾着」と揶揄(やゆ)した。

関連ニュース