記事詳細

米、中国と貿易問題で暫定合意検討か

 トランプ米大統領は12日、貿易問題で対立する中国と暫定的な合意を検討する可能性があると記者団に述べた。再選を狙う大統領選を意識し、対立激化を回避するため一時休戦を視野に入れたとみられる。

 トランプ氏は11日、建国70周年を迎える中国に配慮して制裁関税の税率引き上げを先送りし、柔軟姿勢に転換していた。

 一方、年内に北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談する可能性について「ある時点で」あり得ると述べた。(共同)