記事詳細

米朝実務協議、北朝鮮代表がストックホルム到着

 非核化などを巡る米朝実務協議で北朝鮮首席代表を務める金明吉(キム・ミョンギル)巡回大使が3日(日本時間4日未明)、スウェーデンの首都ストックホルムに到着した。現地で米側との協議に臨むとみられる。

 トランプ米大統領は3日、実務協議に関し「(北朝鮮は)話したがっており、われわれは間もなく彼らと話す」とホワイトハウスで記者団に述べ、米朝交渉の再開に意欲を示した。米側はビーガン北朝鮮担当特別代表が交渉を率いる。

 北朝鮮は2日に新型潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」を発射。日本政府は、射程は日本のほぼ全域に届く約2500キロに達すると分析、短距離ミサイルの枠を大きく超えるが、トランプ氏は「様子を見てみよう」と明確な批判を控えた。

 北朝鮮は4日に予備接触、5日に実務協議を行うと発表したが、米側は日程などを明らかにしていない。(共同) 

関連ニュース