記事詳細

韓国が持参する「親書」気になる中身 元徴用工問題、GSOMIA破棄など問題山積 識者「文氏が『反日』改めない限り…」 (2/2ページ)

 韓国が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄を決定したことについては、日本が半導体素材などの対韓輸出管理強化を撤回すれば、「韓国も対応を再検討できる」と述べた。

 日本の輸出管理強化は、韓国の戦略物資管理に問題が発覚したためで、GSOMIAと取引する対象ではない。

 さて、注目の親書はどんな内容になりそうか。

 韓国事情に詳しいジャーナリストの室谷克実氏は「おそらく、『日韓の現状は遺憾だ。この機に両国で新しい行動宣言を出しましょう』といった程度だろう。徴用工などの懸案には触れず、日本をごまかそうとするはずだ。李氏は戦略物資を『北朝鮮に流していません』と言い訳をするかもしれない。文氏が『反日』を改めない限り、両国の信頼関係は壊れたままだ」と語っている。

関連ニュース