記事詳細

韓国経済「11月危機」!? GSOMIA破棄で半導体素材“枯渇”の恐れ 識者「日本以外から調達できればいいが…」 (1/3ページ)

 韓国経済が「11月危機」に直面している。主要企業の7~9月業績が軒並み大幅減益や市場の事前予想を裏切る大不振となったが、専門家が懸念を示すのは今後の事態だ。文在寅(ムン・ジェイン)政権が一方的に破棄を表明した日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)がこのまま11月23日の失効期限を迎えた場合、日本から輸出していた半導体素材の在庫がいよいよ底をつく恐れがあるという。

 韓国の金融情報会社、FNガイドの統計では、7~9月期の業績を発表した主要な企業39社のうち15社が、証券会社の事前の業績予想の平均値を下回ったという。

 現代(ヒュンダイ)自動車の営業利益は3785億ウォン(約351億円)で、予想平均の5333億ウォン(575億円)を29・0%下回った。LG商事、サムスン物産、NH投資証券の営業利益も市場予想を1~2割下回る低調だったという。

 朝鮮日報は「予想外の業績悪化」と伝え、韓国経済新聞は「業績屈辱」と厳しい大手企業の状況を伝えている。

 韓国経済に詳しい朝鮮近現代史研究所所長の松木國俊氏は、「証券会社がシビアな分析をすると投資家は離れてしまうので、予想にゲタを履かせた可能性はある。実際はもっと厳しい見通しを持っていただろう」との見方を示した。

関連ニュース