記事詳細

韓国・文政権が「信義則違反」首脳対話を“無断撮影” 安倍首相との接触を「成果」とアピール? 専門家「外交儀礼上、言語道断」 (1/2ページ)

 韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の「信義則違反」に、日本政府が不信感を強めている。安倍晋三首相と文大統領が4日、タイの首都バンコク郊外で約11分間言葉を交わした際、韓国側が、日本側に無断で写真を撮影、公表していたのだ。文政権は、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄決定をめぐる外交窮地を逃れるため、周到に準備して不意打ちを仕掛けてきたようだ。日韓関係の改善どころか、信頼関係をさらに崩しかねない悪手といえそうだ。

 日韓首脳のやりとりが発生したのは、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議前の控室。安倍首相の同行筋によると、そこに入室できるのは、各国首脳とその通訳のみのはずだった。

 安倍首相は、控室にいた10人の各国首脳と順番に握手し、最後が文氏だった。そこで、「ちょっと座って話をしましょう」と突然、話を持ちかけられただけに、断りづらかったとみられる。近くのソファで、英語の通訳だけを交えて一対一でやりとりした。

 問題は、対話時の写真と公表だ。

 何者かが無断で写真を撮影したうえ、韓国大統領府(青瓦台)のホームページにすぐ、「文大統領は日本の首相と歓談した」などと、英語や日本語版の説明と写真付きで公表し、韓国メディアが世界に打電したのだ。まるで、だまし討ちである。

関連ニュース