記事詳細

「人生110年時代」到来!? 超長寿者体内で「特殊な細胞」が増加 カギは「CD4陽性キラーT細胞」 (1/2ページ)

 「人生110年時代」実現への手がかりとなるのか。110歳以上の超長寿者を指す「スーパーセンチナリアン」の血液中に、通常少量しか存在しない「CD4陽性キラーT細胞」が高い割合で存在していることが判明した。これらの細胞は、ある時期から分裂を繰り返し、増殖している可能性が浮かび上がっているのだ。

 2015年の国勢調査では人口約1億2709万人のうち110歳以上はわずか146人。その秘密を解き明かす研究を行っているのは、慶応義塾大学医学部百寿総合研究センターの広瀬信義特別招聘(しょうへい)教授、理化学研究所(理研)生命医科学研究センタートランスクリプトーム研究チームの橋本浩介専任研究員、ピエロ・カルニンチチームリーダーらによる共同研究グループだ。

 スーパーセンチナリアン7人と、50~80歳の5人から採血し、血液中の免疫細胞を解析したところ、免疫システムで司令塔の役割を果たす「T細胞」の構成が大きく変わっていることが判明したという。

 中でもスーパーセンチナリアンの血中には、がん細胞などを殺す役割を持つ「キラーT細胞」の割合が多く、特に、人間の血液にはあまり存在しないとされていた「CD4陽性キラーT細胞」が増加していることが分かった。

関連ニュース