記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】世間話のつもりが“セクハラ”になっています 知らない間に価値観を押し付け… (2/2ページ)

 私も以前、社を辞めて独立するという話を男性にしたとき、「まぁ、最後は男性に養ってもらえばいいもんね」というような発言をされて、少し心がチクリとしました。経済的にも男性だけに頼らず生きたいと思っているし、もしパートナーが困ったら支えられるようになりたいと思っています。なので、「女性は男性に支えてもらえばいい」という価値観をぶつけられた気がしました。

 体形も体つきも違いますが、男性と同等に仕事をしたいと考えている女性も一定数います。また、産む・産まないの選択や結婚する・しないの選択も、今は個人の自由として考える時代です。

 知らない間に価値観を押し付けてしまうこともあると思います。極力控えていただくと、女性とのコミュニケーションもうまくいくと思っています。

 ■くどうまおり 津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けセルフプレジャー・アイテムブランドirohaのPRなどに携わった後、この春フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

関連ニュース