記事詳細

【突破する日本】GSOMIA失効まで残りわずか 米は“制裁”準備 「メモリ製造」引き剥がしで韓国経済壊滅 (1/2ページ)

 世界最強の米軍が、我慢の限界に達しつつある。ドナルド・トランプ政権による警告を無視して、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を撤回しないからだ。失効期限(23日午前0時)まで、残り1日。文政権が事実上の「レッドチーム入り=米韓同盟解消」を選択した場合、米国は安全保障に直結する「メモリ製造」を韓国から引き剥がす最終決断を下しそうだという。韓国経済を牽引(けんいん)するサムスン電子は今年、半導体業界1位の座を米インテルに譲る見通しだが、さらに転落するのか。麗澤大学の八木秀次教授が迫った。

 韓国が、日韓のGSOMIAを破棄した先には、いばらの道が待ち受けている。米国は事実上、中国の「属国」になろうとしている韓国を「焦土化」するだろう。要人を相次いで派遣して、熱心にGSOMIA破棄を撤回するよう説得しているように見せたのも、それに向けての「警鐘」と考えた方がよい。

 現在、韓国の半導体輸出は、同国の全輸出の20%を占める。サムスン電子1社の時価総額は韓国市場全体の20%以上になる。まずは、その半導体産業を壊滅させるのだろう。

 日本が韓国への輸出管理を強化したのは半導体製造の材料だった。そこには「米国の意志」も透けて見える。日米両政府は、阿吽(あうん)の呼吸で輸出管理強化を決めたはずだ。

 半導体は安全保障に直結する戦略製品だ。韓国が得意とするのは「メモリ」(=情報を記憶する半導体)の製造だ。その2大アイテムは「DRAM」と「NAND型フラッシュメモリ」。世界需要のうち、DRAMの約72%、NAND型フラッシュメモリの約44%を韓国の2社(=サムスン電子とSKハイニックス)で生産している。

 米国がこれを許してきたのは韓国が同盟国だからだ。中国の「属国」になろうとしている国に、世界のメモリの大半を製造させるわけにはいかない。中国に生殺与奪権を握らせるからだ。日本の輸出管理強化は半導体産業を韓国から引き剥がす意味を持つ。

関連ニュース