記事詳細

自民・甘利氏「女系天皇の容認を」の真意は? テレビ番組で発言

 自民党の甘利明税調会長は24日、フジテレビの番組で、皇位継承をめぐり、母方が天皇の血筋を引く「女系天皇」を認めるべきだとの考えを示した。初代の神武天皇から第126代の天皇陛下まで、皇位継承は一度の例外もなく「男系」だが、甘利氏は「天皇の正統性」を揺らがせる気なのか。

 「男系を中心に順位を付け、最終的選択としては女系も容認すべきだ」

 甘利氏は番組で、こう語った。父方に天皇を持つ「女性天皇」と異なり、「女系天皇」は前例がない。

 安倍晋三首相は皇位継承のあり方について、「古来、男系継承が例外なく行われたことの重要性を踏まえ、慎重に検討していきたい」との方針を表明している。

 明治天皇の玄孫(やしゃご)で、作家の竹田恒泰氏も、12日発行の夕刊フジのインタビューで、「父方を遡(さかのぼ)れば、必ず天皇にたどり着くという男系継承は1ミリも妥協してはならない。仮に、男系の血筋を引かない人が天皇になれば、『天皇の血統原理』が失われる」と警鐘を鳴らしている。

関連ニュース