記事詳細

トランプ米大統領が「香港人権法」に署名 米中対立激化の恐れも

 トランプ米大統領は27日、香港の高度な自治を保障する「一国二制度」を中国が守っているかどうか米国務省に毎年検証を求める「香港人権・民主主義法案」に署名し、成立した。

 中国はこれまで「内政干渉」(王毅国務委員兼外相)と反発し、成立させれば報復措置を取る構えを示している。米中対立が一層激化し、難航する米中貿易協議に影響を与える可能性もある。

 米国は一国二制度に基づき、関税やビザ発給などで香港を中国本土より優遇している。

 人権法は、同制度の履行状況を踏まえて優遇措置を続けるかどうか毎年検討するよう国務省に求める内容。人権侵害に関与した当局者に制裁を科すことも可能になる。

 香港を通じた貿易に依存する中国を牽制(けんせい)する狙いがある。(共同)