記事詳細

自民・鈴木総務会長、閣僚辞任2氏に「早く説明責任を」

 自民党の鈴木俊一総務会長は5日の記者会見で、菅原一秀前経産相と、河井克行前法相が閣僚辞任以降、公の場に姿を現していないことについて、「なるべく早い機会をとらえ、説明責任を果たすことが求められる」と述べた。

 鈴木氏は党として菅原、河井両氏に説明するよう促すか問われると、「総務会長という立場で、本人に出席を促すとかは考えていない」と語った。自民党参院幹部は、河井氏の妻、河井案里参院議員についても、「休みが長すぎる」と苦言を呈した。