記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】性犯罪をめぐる裁判が起きるたび議論に…男と女「性的同意」の違いをどう考えるか (1/2ページ)

 「レイプされました」と訴える女性。「同意のもと、性行為をしました」と釈明する男性。

 性犯罪をめぐる裁判が起きるたび議論になるのが「性的同意」です。なぜ、そうしたすれ違いが起きるのでしょうか。

 友人の女性から「家で飲んでいたら、セックスをしつこく誘われた」と相談を受け、知人でもあった相手の男性に話を聞いたことがあります。

 この男性からは「家に来たってことは、セックスしてもOKってことでしょ」という言葉が返ってきました。他の男性にも話を聞くと、同じような意見が多かったです。

 この件を複数の女性に聞くと、「家に言ったら手を出してOK」という人もいれば、「そういう気持ちがなくても行く」という人などさまざま。ということは、男性が「OKそうだ」と思っていても、女性から「レイプされた」と受け止められることは十分にありうるということです。

 「じゃあ、いったいどうすれば…」と思われた男性は、ぜひイギリスの警察が公開した「Tea and Consent」という動画をYouTubeでチェックしてみてください。ツイッターでは、デザイナーのMinaさんが字幕付きで動画を公開しています。

関連ニュース