記事詳細

“銭ゲバ”ゴーン被告、ルノーに退職金要求 年金、業績報酬も支払い求める

 どこまでカネがほしいのか。レバノンに逃亡した日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(65)が、日産と連合を組むフランスの自動車大手ルノーの会長辞任を巡って争う考えを示し、退職手当約25万ユーロ(約3000万円)の支払いを求め、昨年12月末に同国の労働裁判所へ申し立てをした。13日付の仏紙フィガロがインタビューを伝えた。

 生涯受け取れることになっている年間約77万ユーロの年金や、認められなかった業績報酬についてもルノーに支払いを求める考えという。

 ルノーは昨年1月24日、取締役会後の声明でゴーン被告の「辞任を公式に認めた」と発表。2月と4月の取締役会で、受給条件を満たしていないなどとして退職に伴う手当や年金支給を認めないことを決めた。

 ゴーン被告はレバノン紙のインタビューで、同国の財務や経済を担当する閣僚に助言できると主張、米メディアには逃亡劇をハリウッド映画化する提案があったと話した。仕事やカネにありつこうとガツガツしている様子がうかがえる。

関連ニュース