記事詳細

【ケント・ギルバート ニッポンの新常識】憲法改正はまだか!? 安倍首相は意欲も…見えてこない自民党の本気度 「大キャンペーン」を打って国民に訴える努力を (1/2ページ)

 政府は、今年の通常国会を20日に召集する。与党側は今年度の補正予算案や、新年度予算案を早期に成立させたい意向だ。これに対し、野党側は自衛隊の中東派遣中止や、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)事業をめぐる汚職事件、安倍晋三首相主催の「桜を見る会」について追及する構えだという。一体、憲法改正の議論はどこに行ってしまったのか。

 先の臨時国会では、衆院憲法審査会で約2年ぶりに自由討議が開かれたが、実質議論はほとんど進まなかった。憲法改正に意欲をみせる安倍首相の総裁任期が2021年9月であることを考えれば、与党は相当焦らなければならないはずだ。刻一刻と時間が少なくなっているにも関わらず、なぜこんなにも動きが鈍いのか。

 共同通信の最新世論調査では、安倍内閣の支持率が6・6ポイントも上がって49・3%だった。左派野党は昨年の臨時国会で「桜を見る会」ばかりを追及し、左派メディアも大疑獄のように伝えた。国内外の情勢が混迷するなか、国民の多くは安倍内閣を支持している。

 産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)の同様調査では、憲法改正に「賛成」との回答は44・8%で、反対を4ポイント上回っていた。左派勢力の批判を恐れる必要はない。もっとダイナミックに憲法改正の必要性、緊急性を国民に訴えるべきだ。

 自民党は7日、憲法改正を推進するためのポスターを発表した。正直、がっかりした。こんな地味な宣伝ではダメだ。国民に憲法改正の必要性や緊急性を認識してもらうには、新聞やテレビ、ネット、映画など、あらゆるメディアを駆使して、大規模な予算を投入しなければならない。

関連ニュース