記事詳細

【有本香の以読制毒】「新型肺炎」感染拡大! 中国人「旅行先1位」の日本、緩すぎる水際対策…後手後手の厚労省に怒り! (1/3ページ)

 中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大が止まらない。中国国営中央テレビによると23日未明までに、発症者は540人以上となり、死者は17人に拡大した。中国人が大移動する春節(旧正月)の大型連休(24~30日)を前に、武漢市当局は23日午前から、武漢を離れる航空機や鉄道の路線を停止し、地下鉄やバスも運行停止すると発表した。事実上の「武漢封鎖」で、同市在住の日本人500人以上の安否が懸念される。日本や韓国、米国などでも発症者が確認され、世界保健機関(WHO)は「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当するか検討しているが、日本政府の水際対策は緩慢で後手後手という。ジャーナリストの有本香氏が人気連載「以読制毒」で厳しく迫った。

 2週間前の本コラムで書いた「悪い予感」が的中しつつある。しかも、最悪のタイミングでだ。

 昨年末、中国・武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎がいま、世界に広がる勢いを見せている。日本で1人、タイでの3人に加え、韓国、米国・シアトルでも患者が確認された。中国国内も、武漢から遠い各地で「新たに感染が確認された」と中国当局がようやく発表した。

 中国当局は22日午前、発症者は全国で計440人と発表したが、中国メディアによると23日未明までに540人以上に拡大。死者は22日午前の9人から17人に増えている。

 しかし、実際は、患者数、死者数ともにもっと多いのではないかと疑う声がある。筆者も素人ながらそう疑う一人だが、英国の研究チームが今週初め、発症者数は武漢市内で1700人超、多ければ4000人を超える可能性あり-と指摘していた。

関連ニュース