記事詳細

立民、都知事選で山本太郎氏擁立か 「検討の余地ある」長妻選対委員長が言及

 立憲民主党の長妻昭選対委員長は23日夜のBS日テレ番組で、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)に、れいわ新選組の山本太郎代表を野党統一候補として擁立する可能性に言及した。番組で「他党の意見も聞かないといけないが、十分検討の余地はある」と述べた。

 山本氏は都知事選への出馬について、かねて「選択肢としては排除しない」と述べている。

 自民、公明両党が、現職の小池百合子都知事の再選支援に回る方向に傾きつつあるなか、立憲民主党や共産党など既存の左派野党は、都知事選での統一候補の擁立が必要だとの認識で一致している。

 左派野党は、国政では合流構想が足踏みし、主体性を発揮できずにいる。若者らに人気の山本氏を取り込み、党勢回復の弾みにしたいとの思惑があるようだ。

関連ニュース