記事詳細

【崩れゆく韓国】“ゆがんだ反日感情”が韓国を自滅へと追い込む!? 日本大使館の壁に「放射能五輪」ポスター 政府が国民に植え付ける「日本への憎悪」 (1/2ページ)

 韓国の反日運動は、すでに「狂気」のレベルに達している。

 ソウルの日本大使館の壁には、東京五輪・パラリンピックが放射能に汚染されているかのように揶揄(やゆ)するポスターが貼られた。韓国の対外活動を行う民間団体「VANK」(バンク=Voluntary Agency Network of Korea)の仕業である。

 VANKは韓国の若者が中心となって、10年以上前に「日本を引きずり下ろす」目的で立ち上げた「反日」組織である。日本海呼称問題、旭日旗問題、竹島問題などをめぐって、韓国側の一方的主張を世界中に拡散している。

 会員15万人という民間団体だが、韓国政府系の研究機関を通じ、支援を受けていたとの報道がある。韓国政府側の「反日実動部隊」として活動しているのが実態だ。

 韓国では、昨年9月にも与党「共に民主党」の「日本経済侵略対策委員会」なるものが「日本放射能汚染地図」を公表した。日本の市民団体のデータをもとにしたというが、数字を大幅に改竄(かいざん)して恐怖をあおり、日本を「放射能汚染国」と認定するよう世界の国々に迫っている。

 韓国人がこれほどヒステリックに「日本たたき」を行う背景には、歴代韓国政府が、求心力を高めるために国民に植え付けてきた「日本への憎悪」がある。

 文在寅(ムン・ジェイン)政権もこれを利用して、経済失政への国民の不満を日本に向けさせている。

 筆者が商社マンとしてソウルで過ごした1980年代前半は、50歳代以上の人々には日本時代の記憶が残っており、個人的には日本時代を肯定的に評価する人が多かった。彼らにとって日本は「憧れの地」でもあった。

 まだ若かった私に「日本人のくせに、しっかりしなさい」と叱ってくれた人さえいたのだ。当然、慰安婦や徴用工の事情もよく分かっており、「強制連行」されたとは思ってもいなかった。

関連ニュース