記事詳細

韓国・文政権“火事場泥棒”の悪だくみ!? 「徴用工」蒸し返し…日本企業の資産現金化チラつかせ 参院自民党・山田副幹事長「最終的には『国交断絶』も排除できない」 (1/3ページ)

 新型コロナウイルスによる肺炎(COVID19)の死者が、中国本土で爆発的に増大するなか、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が、またもや「反日」姿勢を強めてきた。日韓のGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄を再び持ち出してきたうえ、いわゆる「元徴用工」の異常判決で差し押さえた日本企業の資産現金化をチラつかせたのだ。4月の総選挙を見据えて、「危機的な韓国経済」や肺炎から国民の目をそらす狙いなのか。「火事場泥棒」のような隣国の悪だくみを許してはならない。

 中国本土で、新型肺炎が「パンデミック(感染爆発)」状態となっている。14日朝時点で、感染者は6万4000人以上、死者は1483人。「70都市以上」「4億人」を封鎖・隔離しているとの報道もある。中国の各都市は、映画「バイオハザード」のような恐怖に陥っているとみられる。

 韓国の文大統領は「反日・離米・親中・従北」の極左政治家で、「韓中運命共同体」などと公言し、同盟国である米国よりも、中国との経済的連携を強めて、政治的接近も進めていた。

 ところが、米中貿易戦争に加え、新型肺炎の感染拡大で頼みの中国経済が崖っぷちに立たされた。韓国経済も自動車会社が操業を一時停止するなど苦境に陥っている。

関連ニュース