記事詳細

国会は論戦の場では? 安倍首相「意味のない質問」発言謝罪へ 識者「野党は揚げ足を取るばかり」

 安倍晋三首相が週明けの17日に謝罪する。国会で「意味のない質問だよ」と不規則発言をしたことを反省するという。ただ、野党側もたびたび品位のないヤジを飛ばし、国会審議をストップさせている。国会は論戦の場ではなかったのか。

 前出の問題発言は、12日の衆院予算委員会で、立憲民主党の辻元清美氏が「鯛は頭から腐る。ここまで来たら、頭を代えるしかない」と言い放って質問を終えた際、安倍首相から独り言のようなかたちで飛び出した。

 安倍首相は「辻元氏は罵詈(ばり)雑言を繰り返した。それに反論させずに質疑を終えたので、『こんなやりとりでは無意味』と申した」と説明したが、野党側は懲罰動議をチラつかせた。

 自民党と立憲民主党の国対委員長は13日、「安倍首相の謝罪」で合意したが、野党議員が首相や閣僚を貶めたり、挑発するような発言も論外だ。

 政治評論家の伊藤達美氏は「野党は、安倍首相らを一方的に挑発し、揚げ足を取るばかりだ。新型肺炎の感染拡大という国家の一大事に、本来は対案を持ち寄り、建設的な議論をすべきではないのか。与野党が協力して対処すべきときだけに、情けない」と語っている。

関連ニュース