記事詳細

国民・岡本充功議員に“不可解会計処理”発覚! 同日付、同部屋の高級ホテル代、1万円領収書が10枚 事務所「1万円で10回、宿泊した」 (1/3ページ)

 国民民主党の岡本充功(みつのり)衆院議員(48、比例東海)が代表を務めた政党支部が、2015年の政治資金収支報告書で不可解な会計処理をしていた。高級ホテルの宿泊代として、同じ日付で、同じ部屋の「1万円」の領収書が10枚も存在し、収支報告書に明細の記載がないかたちで処理されていたのだ。医師で衆院当選5回という岡本氏。政治資金の専門家は「政治資金規正法に抵触する疑いもある」というが、一体どういう理由なのか。

 ■1人1泊4万

 夕刊フジは、岡本氏が当時代表だった政治団体「民主党愛知県第9区総支部」が支出した、1万円以下の「少額領収書」のコピーを入手した。

 このなかに、「オークラアクトシティホテル浜松」(浜松市)で15年12月9日、「御宿泊代」として「1万円」で切られた領収書が計10枚もあった。すべて「岡本充功様」とあり、続き番号で、部屋番号は「3407」だった。

 同ホテルは、JR浜松駅に直結する45階建ての超高層ホテルで、高級なホテルオークラのグループホテル。客室からは富士山や南アルプスの山並みや、遠州灘の風景を一望できるという。

 実は、岡本氏は同年9月29日、同じホテルで「宿泊費」として「12万1676円」を収支報告書に計上している。だが、「12月9日」については、少額領収書で会計処理していたのだ。

関連ニュース