記事詳細

金正恩氏「健康不安」で妹・金与正氏を後継者に指名か (1/2ページ)

 韓国紙・中央日報(日本語版)は21日、脱北者の安燦一(アン・チャンイル)世界北朝鮮研究センター理事長が前日、自身のユーチューブ「安燦一TV」で、「昨年10月に金正恩が白頭山(ペクドゥサン)を訪問した際、随行した幹部に『私の後継者は(妹の)金与正同志』と話した」と伝えたことを報じた。

 ◆女性兵士への虐待で対策

 同紙によると、安燦一氏はこの中で、「金正恩の健康が良くないため、1月にフランスの医療関係者が極秘で平壌(ピョンヤン)を訪問して金正恩を治療した」としながら、「若い年齢(36)にもかかわらず健康が良くない点が後継者指名を急いだ理由であるはず」と説明し、さらに「トランプ政権が米国に敵対的な人物を相次いで除去している点も意識した可能性がある」と付け加えたという。

 これと同様の分析は、すでに他からも出ていた。韓国のニュースサイト、リバティ・コリア・ポスト(LKP)が1月16日付で、昨年末に開かれた朝鮮労働党第7期第5回総会で、金与正党第1副部長が金正恩氏の後継者に内定したと伝えていたのだ。

 LKPはその根拠のひとつとして、昨年12月10日から党総会が開催されるまでの間に、金与正氏の名義による指示文が党の各機関に下されたことを挙げている。それ以前には金正恩氏を除き、個人名による指示文が下されたことはなかったという。

 こうした動きについては、韓国のデイリーNKも一部を把握している。平安北道(ピョンアンブクト)の消息筋によると、金与正氏は12月17日、本人名義で「女性軍人の勤務生活と健康に特別に配慮し、その状況を了解(把握)すること」との指示を各部隊政治部に通達したという。

 北朝鮮軍の女性兵士らは、飢えや性的虐待など、過酷な環境に置かれていることが知られている。金与正氏はそれに対して配慮を示すことで、軍における足場作りを開始した可能性がある。

 (参考記事:北朝鮮女性を苦しめる「マダラス」と呼ばれる性上納行為

デイリーNKジャパン

関連ニュース