記事詳細

【永田町美人秘書】進次郎氏と正反対! うちの先生が地元での活動より公務を優先する驚きの理由

 閣僚が全員出席するべき新型コロナウイルス対策会議を休んでしまった小泉進次郎環境相。地元で開かれた後援会の合同新年会に出ていたとか。

 「まあ、分からないわけではないけれどね」

 と、うちの先生は進次郎氏に同情的だ。議員にとって、選挙区は命と同じだから、ほとんどの議員は地元を優先する。

 「でも、ボクは公務を休んだことはないよ」

 そうなんです。先生は公務を最優先する。先日も地元の有力後援者が「ぜひ、わが社のセレモニーであいさつしてください」と頼んできたが、東京で重要な会議があったため断った。

 事情を話せば、後援者は「先生が偉くなるためだから、公務優先は仕方ない」と許してくれる。

 ただ、実は先生は地元での活動があまり好きじゃない。

 「だって、初めて会った知らない人と握手とかするわけでしょ?」

 握手も立派な議員の仕事だが、間違って議員になっちゃったのかな?

関連ニュース