記事詳細

【くどうまおり 幸せおじさん製造所】性教育はユーチューバーから!? 家庭でタブー視される性の話題…元助産師が分かりやすく解説

 皆様は「性教育」を家庭で行ったことはございますか? 恐らく生理やセックス、避妊について子供に説明することに対し、抵抗を感じる方が大半かと思います。

 実際に私の家庭でも、大学生の頃までドラマ等でベッドシーンが流れたら、チャンネルを変えられることがよくありました。「性」の話題を理由の説明をせずに逸らされつづけると、「触れてはいけない話題なんだ」と認識し、私も親に自然にそういう話題を避けるようになりました。

 親子がそういう関係性になってしまったら、子供が性に悩んだ時も相談しづらいと思います。「性」は恥ずかしいものではなく、人が生まれる過程において大切な知識。学校任せではなく、家庭でも性教育ができるようにしていけたらと思います。

 とは言いながら、「何からはじめればいいの?」と疑問に思われる方が大半かと思います。今回はおすすめ本について紹介させてください。

 まずは、性教育アドバイザーである、のじまなみさん著『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』。幼少期のコミュニケーションをどうすれば良いのかについて、どんな言い回しで伝えればよいのか等も細かく説明されていて、とても参考にしやすい本でした。

 もう1冊目が、産婦人科医である宋美玄先生が監修された『産婦人科医宋美玄先生が娘に伝えたい 性の話』です。産婦人科の医師が監修されているだけあって、体のことについてとてもしっかり説明されております。知らない知識を改めて知る機会になるので、とてもおすすめです。

 どうしても自分で話すことに抵抗を感じるという方は、ユーチューブの性教育チャンネルを共有してもいいかもしれません。元助産師で“性教育ユーチューバー”のしおりーぬさんのチャンネルは、とてもわかりやすく解説されています。ぜひこの機会に「性教育」の大切さについて知っていただけたらうれしいです。

 ■くどうまおり 津田塾大学数学科卒。大手人材会社を経て、セクシュアルウェルネスメーカー、TENGAの広報に転職。女性向けブランドirohaのPRなどに携わった後、フリーランスに。PR業務、恋愛・性・キャリアに関するコラムを執筆。

関連ニュース