記事詳細

【高須克弥 Yes!高須のこれはNo!だぜ】野村克也さん、冗談交じりでボヤいた「本当に愛されていたのかな」 (2/2ページ)

 サッチーが亡くなったのは2017年。少したってからノムさんに会うと、冗談交じりに「すぐに迎えが来ると思ったが、なかなかこないね。本当に愛されていたのかなあ…」なんてボヤいていたっけ。その後に「誰かいい人おらんかね」とか言い出して、「女房を愛してはいるけど、カラダは別じゃ!」だって。

 お二人ともに交流のあったボクとしては、ノムさんはとてもいい旅立ちをしたと思う。もしノムさんの方が先に旅立っていたとしたら、サッチーのお別れ会は、あれほど華やかには行われていなかっただろう。合掌。

 ■高須克弥(たかす・かつや) 美容外科医で医学博士。美容外科「高須クリニック」院長。愛知県出身。日本に「脂肪吸引手術」を普及させた先駆者で、「Yes、高須クリニック」のCMフレーズでもおなじみ。芸能界、財界、政界と幅広い人脈を持つ。著書多数、最新刊は「大炎上」(扶桑社新書)。

関連ニュース