記事詳細

「新型コロナは韓国が撒いた」北朝鮮がフェイク情報 (1/3ページ)

 インフォデミックとは、感染症に関連した不確かな情報がネット上に溢れ、社会を混乱させ、問題の解決を妨げることだ。SNS各社は、自らが提供するサービス上でのデマの拡散を防ぐために様々な措置を取っている。

 ヘイトスピーチなどの対策が後手後手に回っていると批判され続けているTwitter社は3月23日、新型コロナウイルスに関連するデマが含まれるツイートに対して削除要請を行う方針を示し、実際にブラジルのボウソナロ大統領の2本のツイートを削除する措置を取った。

 世界がデマと闘っている中で、正反対の情報を流している国がある。北朝鮮だ。北朝鮮は今までも、失政への不満をそらすために外部の敵、つまり韓国と米国に責任をなすりつけてきたが、今回の新型コロナウイルスと関連して、同様の「対処」を行っている。

 咸鏡北道(ハムギョンブクト)のデイリーNK内部情報筋は、会寧(フェリョン)で住民を対象にした講演会が行われたと伝えた上で、その驚きの内容に触れた。

 「(新型)コロナウイルスは南朝鮮(韓国)が撒いた」

 つまりこういう話だ。韓国の脱北者団体は、コメ、現金、ビラなどを風船やペットボトルに入れて風で飛ばしたり、海に流してたりしているが、そこに韓国の諜報機関の安全企画部(現国家情報院)がウイルスを仕込んだ、というものだ。その上で、見つけたらともかく届け出るように指示した。

 実際に脱北者団体は、風船を飛ばしたりペットボトルを流す活動を行い、朴槿恵政権時代から「北朝鮮を刺激するから止めろ」とする警察や地域住民とトラブルを引き起こしてきた。

 (参考記事:脱北者団体が反対を押し切りビラを北朝鮮に飛ばす「切実な理由」

デイリーNKジャパン

関連ニュース