記事詳細

批判だらけの「アベノマスク」意外と使える? トランプ大統領は米国民に自作推奨 医療現場用確保の狙いも (1/2ページ)

 新型コロナウイルス感染対策として、政府から突如飛び出した「布マスク2枚」の一斉配布作戦。批判や戸惑いの声も多いが、医療従事者向けのマスクを確保するという狙いもうかがえる。菅義偉官房長官は各世帯への追加配布に言及、米トランプ政権も、布マスクの着用を米国民に勧めると発表した。

 世界保健機関(WHO)は3月19日、報告書で「どのような状況でも布マスクは推奨しない」ととりまとめた。これを金科玉条のようにして布マスクを批判するメディアもあるが、報告書は医療従事者に向けたもので、一般的な人の布マスク着用やその効果については言及していない。

 同報告書は医療従事者にはサージカルマスク(医療用マスク)を推奨している。政府は1日に全国の医療機関へサージカルマスクを3月中に1500万枚配布済みで、来週にも同数程度を配布する予定だ。

 新型コロナウイルスの感染が深刻な米国でも布マスクが注目されている。米政権は3日、国民にマスク着用を勧めると発表した。これまで健康な人が着ける必要はないとしてきたが、無症状の感染者からウイルスが広がるのを防止できる可能性があるとして軌道修正した。

 記者会見でトランプ大統領は「医療用マスクは医療関係者のためのものだ。一般の人は家にある布などで自作することができる」と強調した。

関連ニュース