記事詳細

河村市長「愛知も対象地域に」も、大村知事は同調せず 名古屋市長と愛知県知事、また温度差

 新型コロナ特措法に基づく政府の緊急事態宣言を受け、名古屋市の河村たかし市長は7日、対象地域に「愛知県も含めていただきたい」といい、近く国に要望する考えを示した。一方、愛知県の大村秀章知事は報道陣に「現段階では何とか持ちこたえている」と述べ、同調を避けた。国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」をめぐる対応に続き、市長と知事の温度差が浮き彫りとなった。

 河村市長は、東京都や大阪府から多くの人が流入する可能性に触れ、「感染拡大の恐れがあり、非常に危険だ」と強調。愛知県の対象地域への追加を求め「指定は都道府県単位だ。これから県に伝える」と話した。

 これに対し、大村知事は、河村市長から電話で意向を伝えられたと明かしたうえで、「対象は7都府県だが、今後の状況によっては(愛知県も対象地域に)なり得る」と述べたが、要望への賛否には言及しなかった。

 昨年開催された「あいちトリエンナーレ」の企画展では、天皇陛下の祖父である昭和天皇のお写真をバーナーで焼き、灰を足で踏みつけるような映像作品などが公開された。

 大村知事は芸術祭について「来場者は過去最多。おおむね成功だ」と発言。河村市長は「陛下への侮辱を愛知県が認めてしまった。多くの日本人の心をも踏みつけた。大失敗だ」と批判した。