記事詳細

閣僚、自民国会議員は10万円受け取らず 二階氏「共感得られる形で処理」

 安倍晋三首相(自民党総裁)は20日の党役員会で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策として行う「1人当たり一律10万円」の現金給付について、全閣僚が受け取りを辞退する考えを示した。一方、党は所属する全国会議員に関し、受け取りの申請を行わない方針を固めた。役員会で、対応が二階俊博幹事長に一任された。

 二階氏は記者会見で、「国会議員が受け取るということではなく、できるだけ皆さんの共感が得られるような形で処理したい」と説明。「政治家の寄付禁止と整合させる問題があるが、理解が得られるように努力したい」とも述べた。