記事詳細

金正恩氏の重体報道「正しくない」 トランプ氏、誤報との認識

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は23日、ホワイトハウスでの記者会見で、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が手術を受けた後に重体に陥ったとするCNNテレビの報道に関し「正しくないと聞いている」と述べ、誤報との認識を明らかにした。

 トランプ氏は報道内容について「古い文書を元にしていると聞いた」と指摘。CNNは重体情報について米情報当局者への取材に基づき報じたとしている。

 トランプ氏は一方で、金氏に関し把握している具体的な情報については言及を避け、米政府が何らかの形で北朝鮮側に接触したかどうかについても明らかにしなかった。

 トランプ氏はまた、「北朝鮮および金正恩氏とは良好な関係にある。金氏が健勝であることを望む」とも語った。(産経新聞)

関連ニュース