記事詳細

ウイルスの武漢研究所起源説に「自信」 トランプ米大統領、報復示唆

 トランプ米大統領は4月30日の記者会見で、新型コロナウイルスが中国湖北省武漢市の研究所から流出したとの起源説に「自信」を示した。科学者や情報機関が調べており、近く結論が出ると説明。中国が初期対応を誤ったことが世界的大流行につながったと非難し、対中関税が報復措置になり得るとの見方を示した。

 新型コロナを巡る米中対立は激化しており、米国が責任を追及すれば中国が反発し、対抗措置を講じる恐れもある。

 トランプ氏は会見で、研究所起源説に自信を持てる証拠を見たのかと問われて「見た」と答えたが、具体的な説明は避けた。

 ワシントン・ポスト紙によると、米政権は中国への報復策を検討中で、懲罰行為や賠償金請求が浮上。ニューヨーク・タイムズ紙によると、米高官は情報機関に、武漢研究所の起源説の「証拠探し」を指示した。ただ多くの情報機関は証拠を見つけることに懐疑的で、高官の圧力で「分析がねじ曲げられ、政治の道具に使われかねない」と懸念しているという。(共同)