記事詳細

感染者情報を誤掲載、愛知県の重い責任 氏名や「愛人?」など人間関係まで… 門田隆将氏「信じられない間違いだ」 (2/2ページ)

 サイトの閲覧数は793件あり、重複を除くと362件。県は7日時点で転載などの二次利用は確認していないとしているが、「現時点で悪用されたという報告がないだけに過ぎず、取り返しは付かない」と三上氏。

 県は誤掲載された情報に氏名も含まれていた396人に個別に謝罪したというが、その後も本人や家族などから苦情が多数寄せられ、「謝罪だけで済むのか」などと法的措置を示唆する声も寄せられているという。

 県は、今後の対応をまだ決めていないとしたうえで、「まず、誠心誠意皆さまにおわびを申し上げるという状況」と説明した。

 作家でジャーナリストの門田隆将氏は「信じられない間違いだ。愛知県といえば、コロナ問題をめぐりアーティスト支援として6億円規模の支援策を発表したり、ヘイト作品が含まれていた『あいちトリエンナーレ2019』の負担金不支出を決めた名古屋市を提訴する方針を決めるなど迷走が目立つ。大村知事の責任は重い」と指弾した。

関連ニュース