記事詳細

「中国に聞け」と中国系記者に激怒 トランプ氏、会見打ち切り

 トランプ米大統領は11日の記者会見で、米国の新型コロナウイルス検査件数は世界一だとアピールした発言をめぐり、中国系米国人記者から批判的な質問を受け、「中国に聞け」と怒りをあらわにした。会見も唐突に打ち切った。米中対立が激化する中、質問した記者が中国系だったため短絡的に中国と結び付け、不適切だとの批判も出ている。

 質問したのは米CBSテレビの女性記者。米国で死者が増え続けているのに、なぜ他国と検査数を競う発言を繰り返すのかと尋ねた。トランプ氏は「私に聞くな。中国に聞けばいい。変わった答えが返ってくるだろう」と反発した。

 女性記者が「なぜ私に向かってそう言うのか」と問いただすとトランプ氏は「性悪な質問をする全ての者に言っているんだ」と言い返した後、会見場を去った。(共同)